サイトロゴ

フリーのRTSRPG「Millennium Legend」をメインとしたブログ、その他すぴブレの改造講座など。
 
最近(とは言っても今日の話)、前回紹介していた自作のすぴブレコンソールを改良してみました。
ねえ・・スキル講座Part2は?

前回のコンソールといえば・・はっきり言って普通にファイルをD&Dした方が早く済ませることができるという
残念な出来となってしまいました。

すぴブレコンソール(V.1)残念な内容一覧
・大文字英数字固定
・イベントの読み込みしかできない
・一度打ち間違えると全部打ち直さないといけない
・Eventフォルダ内のxml限定
・不十分すぎる説明書
・実用性のなさ etc....

折角ダウンロードしてくださった約8人の方へ申し訳ないと思い、今更改良してみました。
ちなみに名前はすぴブレコンソールですが、今はすぴブレデバッガーになっています。

注意:←重要!
あくまでもすぴブレにて改造、製作を行っている方向けのツールと記事です
単にゲームを遊ぶだけの場合は入れないことを推奨します。
ツールを入れることにより大いなるネタバレや凄まじいゲームバランスの崩壊を引き起こします。
すぴブレコンソール(V.3)改良点一覧(画像つき)

・大文字小文字英数字使用可能(A-z 0-9 その他記号)
イベント実行はフルパス指定となりEventフォルダ外Xmlファイル以外でも指定可能
Cons1.jpg

・バックスペースによる一文字消去可能
画像ではわからないと思うので文章で説明します。
はっきり言って自分でもわけのわからない仕組みで実装しました。
これで入力しやすくなったと思います。

・コマンドの実行可能
小文字が使えるようになったためにコマンドも使用可能となりました
一々ファイルを作るのが面倒になった人向けです。
コマンドはすぴブレ付属のエディタマニュアルに書いてある通りに入力する必要があります。
Cons2.jpg
Cons2.jpg

・イベントフラグの操作
flg/フラグ名 unflg/フラグ名 この二つを入力すると簡単にフラグが操作できる。
もちろん一時フラグもグローバルフラグも操作可能

・お金の操作
money/数値で金額の変更

・キャラクターのメンバーイン
ジョブやアイテムも設定可能予定
Cons5.jpg
cons6.jpg


・アイテムの取得
getitem/Id だけでアイテム入手可能(さらに名前とタイプが表示される)
Cons1.jpg

・入力記憶←New!
入力したものを10個記憶し、クリック一つでコンソールにコピーが可能に
エンターを押すと即実行

・BGM再生←New!
もちろん効果音も再生可能

・フラグチェック←New!
単にフラグがONかOFFかの表示

もうそろそろ作るネタが尽きてきたのですが・・・
デバッガ自体は近日公開可能なのかもしれません。

さて・・需要はあるのかな・・・?
動作保障対象はすぴブレ無改造版 Millennium Legend V1.34 双方動作確認完了
個人で制作している方はKeyEvents.xml(後述)にさえ気を付けていただければ導入可能です。

公開するのはもう少し先ですが、もし導入する場合はSystem/KeyEvents.xmlを上書きするので
もしKeyEventsに何か変更を加えた場合、既存のイベントが使用できなくなる可能性があります。

余談ですがMillennium Legend V1.5(予定)では使用不可とさせていただきます。
対策回避が可能な方は使用してもいいのですが
回避していない場合だとゲームのデータを破滅させたりするイベントが組んであったりします。

Millennium Legend V1.5(予定)にてツールを導入した場合にはゲーム中で何が起きてもサポート外です。
ちなみに導入しただけでもOUTなのでご注意ください。

ところで・・・・スキル編Part2は・・・・・?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://stnsllethouse.blog.fc2.com/tb.php/99-41b7ed67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック