サイトロゴ

フリーのRTSRPG「Millennium Legend」をメインとしたブログ、その他すぴブレの改造講座など。
 
・・・あまりにも奥が深すぎて紹介することが多くなりそうなCallTransの講座です。

計算関係ですぴブレでは出来ないようなことができました。
例としては「乗算」「割り算の余りの取得」「比較」「三角関数」などです、
今回は長めで前半に召喚イベント 後半にすぴブレにJavaのMathクラスを導入といった形です。

ああ・・キャラエディタのほうも進めなければ
まず、すぴブレでの改造や作成をする方向けに入れておくことをお勧めするXLSを紹介します。
以下のファイルは現在は閉鎖したGeraHa氏のアップローダーに投稿されていた
サモンキャラクターに同封されていたファイルとなっており、現在はおそらく入手が不可能のために貼らせていただきました。
ちなみにMillennium Legendにも同じものが使われいます。
xslの導入の際はEvent/Commonに入れてください。

ShiftPos.xsl
LimitMember.xsl
xslの導入後はこの二つを利用した召喚サンプルをどうぞ、戦闘時にドロップしてみてください(こちらは自作です)

召喚サンプル(すぴブレ用)

サンプルの結論:すぴブレのロイドの目の前にロイドと同じレベルの剣士のお頭を召喚する

続いて召喚サンプルの解説です

<?xml version="1.0" encoding="shift_jis" ?>

<Event>
<Command com="param/member/_temp_lev/roid/level"/>

<Choice>
<Param name="_temp_lev" com="rd" val="82"><Param name="_temp_count" val="16"/></Param>
<Param name="_temp_lev" com="rd" val="42"><Param name="_temp_count" val="12"/></Param>
<Param name="_temp_lev" com="rd" val="16"><Param name="_temp_count" val="8"/></Param>
<Param name="_temp_count" val="5"/>
</Choice>


<Command com="param/batpos/_temp_pos/roid"/>

<CallTrans params="_temp_pos" shift_r="0" shift_f="60" path="Event/Common/ShiftPos.xsl"/>

<CallTrans params="_temp_count" path="Event/Common/LimitMember.xsl">
<Paty army="friend" brave="50" parampos="=_temp_pos" escape="20">
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
</Paty>
</CallTrans>
</Event>
最近色付きにするのが楽しくなってきました、そのためにテンプレートも変えたのですよ

内容を見ずに実行してみた方はこれを見て一瞬変に思うかもしれません。
実際に召喚された人数が少なかったりする場合があるかもしれません、後ほど解説いたします。

ちなみにすぴブレ以外で使いたい方はメモ帳の置換機能を使ってroidを好きなキャラのIDに変えてみてください、
召喚するキャラのデータも変更可能です。

再び色分けでの説明です
緑色:パラメーターのセットです、上はレベル、下はキャラの座標
赤色:レベルによって出現の上限数(後述)を決めます。
黄色:あえてxslの内容には触れませんが、この場合キャラの座標にY座標60を足していると考えて下さい。
青色:実際に出現させる部分です、<Member/>が19個もありますが実際にはそれより少ない数で召喚されるはずです。
これは出現の上限数により、<Member/>がカットされます。
ちなみにLimitMember.xslを使う際は<CallTrans></CallTrans>の中に<Paty/>を入れてください。

別の座標でさらに召喚するにはもう一度
<Command com="param/batpos/_temp_pos/roid"/>
<CallTrans params="_temp_pos" shift_r="0" shift_f="-120" path="Event/Common/ShiftPos.xsl"/>
を追加してから
<CallTrans params="_temp_count" path="Event/Common/LimitMember.xsl">
<Paty army="friend" brave="50" parampos="=_temp_pos" escape="20">
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
----------略---------------
<Member lev="=_temp_lev" pason="hed" job="swdman" wep="0" body="0" acs="0"/>
</Paty>
</CallTrans>

という形で追加していってください。

ちなみに <CallTrans params="_temp_pos" shift_r="0" shift_f="-120" path="Event/Common/ShiftPos.xsl"/>では、
対象キャラの向いている方向を前方としてshift_rがX座標shift_fがY座標となります、普段の座標とは異なるので注意です。
座標は対象キャラを 0/0として相対的な座標となっています。
サンプルを自由に可変してみて楽しんでください。


さて・・・ここまでが前半ですが・・・長くなりすぎたので後半はPart3になります、少しの間お待ちください。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://stnsllethouse.blog.fc2.com/tb.php/93-01610a2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック