サイトロゴ

フリーのRTSRPG「Millennium Legend」をメインとしたブログ、その他すぴブレの改造講座など。
 
今回はSystem/WindowDefine.xmlまたはでウィンドウを編集する人の為の講座です。
例として以下のような自由に作れるウィンドウ命令があるとします。
(以下の説明はすべてゲーム画面が800×600の場合での説明です)
<>で囲むと表示されないので消しています

<Window name="" title="" x="X軸" y="Y軸" w="横幅" h="縦幅" lock="固定">
<Plane name="あ" x="0" y="0" w="100" h="24" event=""/>
</Window>

各項目の説明
<Windows/>
name="" これはウィンドウの名前です 半角英数の使用を推奨します。
title="" 左上に小さく表示されるタイトルです 別になくても動作します。
x="X軸" ウィンドウの左上の座標となります 左右に動かす場合はこれです
y="Y軸" ウィンドウの左上の座標となります 上下に動かす場合はこれです
w="横幅" h="縦幅" 見てのとおりウィンドウの幅です
lock="固定" 1にするとウィンドウが動かせず、消せなくなります
  消すためには<Command com="window/close/ID"/>が必要になります。
Plane
name="あ" 表示する文字です
tex="" システムプレーンしか使えないようです。
x="0" 枠を含めて左上が0となります
y="0" この数値について下に解説を書いておきました。
w=""  横幅です、下の縦幅とセットで使ってあげてください。
h=""  ちなみにこの二つは無くても大丈夫です
on="" off="" フラグがあれば表示/非表示
event="" <LoadEvent path=""/> と同じ使い方ができます
(これがあるとname[あ]がボタンとして機能します、押すとイベントが発動します。)
com="" <Command com=""/>と同じ使い方ができます eventと同時に使うこともできます
(eventと同じく)

数値について
(大事なことなのでもう一度・・以下の説明はすべてゲーム画面が800×600の場合での説明です)
WindowとPlaneのx=""は1につき8ピクセル動きます、y=""は1につき6ピクセル動きます
(つまり・・ゲーム画面の大きさに比例してます?)
WindowとPlaneのw=""とh=""は左上を0として、もし1なら 1ピクセル動かすことができます。
(こちらはゲーム画面orウィンドウの大きさには関係ないようです)

Plane内のw,hについて。
w="" h="" これがある場合とない場合の違いを説明します
 ない場合・・・表示する文字やシステムプレーンそのまま左揃え
 ある場合・・・表示する文字やシステムプレーンを中央揃え
 (イメージとしてウィンドウ内に見えないウィンドウを作る感じです)

ここまでがウィンドウについての講座です

以下おまけ
気づいている方も多いと思いますが・・・
Config.exe ってなんかすぴブレの物と何かが違いますよね?
内容としてはほとんど同じです、リソースを書き変えてみました。
少しは見栄えが良くなったかな~って・・・

使用したリソース書き換えソフト
Resource HackerWiki
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://stnsllethouse.blog.fc2.com/tb.php/47-ff24e94d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック