サイトロゴ

フリーのRTSRPG「Millennium Legend」をメインとしたブログ、その他すぴブレの改造講座など。
 
あ、いつもどおり改造講座ではないです。
本日の作業中についにすぴブレの描写バグについての原因を突き止めました。
結構前に記事にしたエンディアン云々の話は無かったことにしてください。

false2.jpg
(何度も何度もこの画像を使うことになりましたが、恐らくこれで最後です。)
このバグの簡単なおさらいですが、
キャラの画像定義の順序が逆になってしまう、という点が一番の問題でした。
画像定義ファイルを上下対象に書くことにより、この問題はほぼ解決します。

しかし、どうしても仕様上の問題で装備武器の画像は最前面に来てしまう、という点がありました。

今の私のパソコンではこのバグが発生する環境でしたが、改善することが出来ました。

原因は・・・グラフィックプロセッサでした。

私のパソコンにて3Dの処理を行っているのはIntel Core i7-3610QMに内蔵されている
Intel HD Graphics 4000 でした。
完全にこれが原因だったと突き止めました。

私のパソコンのグラフィック関連のデバイスは以下の二つです。
・Intel HD Graphics 4000
・GeForce GT 650M

ここですぴブレの3D処理をIntel HD Graphics 4000から
GeForce GT 650Mに切り替えた所、解決することが出来ました。
falsetrue.jpg
上:Intel HD Graphics 4000 表示バグ
下:GeForce GT 650M 正常表示


ここで切り替えの説明をいたしますが、あらかじめ注意が必要なことがあります。
1、Intel HD Graphics 4000 以外のグラフィックスでもこの表示バグは存在すると思っています。
2、切り替えることが出来る別のグラフィックスが無ければ切り替えることはできません。
3、切り替える方法は完全にパソコンそれぞれで、紹介するのは私のパソコンでの切り替え方法です。
4、当ゲームではできるだけ多くのパソコンで出来る限りの違和感軽減の為の書き方をします。
5、自己責任でお願いします、そもそも切り替える方法なら調べればここより正しい情報が載っています。

方法(私流)
1、NVIDIA GeForce Experienceのアイコンがタスクバーのインジケータにあることを確認します。
2、そのアイコンを右クリックしNVIDIAコントロールパネルを開きます。
3、3D設定の管理を開きます。
4、グローバル設定、プログラム設定とありますが、プログラム設定のタブを開き
  カスタマイズするプログラムにすぴブレの本体exeを選択(追加)し、
  そのプログラム用の優先するグラフィックスプロセッサに高パフォーマンスNVIDIAプロセッサを選んで適用します。
5、これでゲームを起動すれば正しい表示になります。

恐らく現在すぴブレ等での表示バグが起きている方のほんのわずかしか解決できない問題かもしれませんが、
一応報告としてここに書き留めておきます。

Intel HD Graphics系列は4000以外にもありますが、恐らくこの系列だと表示バグが起こるのではないかと・・




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://stnsllethouse.blog.fc2.com/tb.php/124-55e1d735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック